生活

熱中症対策に一番効果的なものは!?温湿度計を準備しよう

熱中症
みなさん、こんにちは!
今年も蒸し暑い梅雨が到来しています。6月以降は日々気温がぐんぐんあがっていきます。
そうすると怖くなるのが熱中症です。
高齢者や子供だけじゃなく、20~30代の方でも、そして外だけじゃなく家の中でも熱中症がでてきてしまう季節です。

最低限の対策として

対処療法的な対策としては、
経口補水液をかっておいたり

運動した後体をアイシングするための氷嚢を買っておいたいりは必ずやっておく対策になります。

熱中症の根本的な対策

まずはなにより大事なことですが、危ない気温と湿度になったらクーラーをつけましょう。
当たり前すぎですが、これができないばっかりに熱中症に家の中でなってしまうことが多いです。
危ない気温と湿度をどうやって知るのか。それは温湿度計を用意することが必要です。

温湿度計ですが、安いものは100円からあります。
ですが、熱中症の危険を教えてくれる機能が付いていないものが多いです。
そのためすこし高くはなりますが、危険度付きのものがいいです。

これはシンプルなものですが、もうすこし高機能なものもあります。
↓これは相対湿度(普通よく聞く〇〇%の湿度)だけではなく絶対湿度が図れます。

夏のシーズンに役立つのは危険度でアラームが鳴る機能です。
これがあると要となるクーラーをつけなければいけないタイミングがわかります。
高齢者になると暑さを感じにくいといわれますが、このアラームを信じてクーラーをつければ問題なしです。

冬の乾燥するシーズンにも加湿しるタイミングを知ることができるので1年通して便利に使えるグッズです。

参考になりましたでしょうか。
熱中症はだれもがなる危険な状態です。対策はしっかりとって夏を楽しみたいですね。

人気記事ランキング

-生活
-, ,

Copyright© TOPICS , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.