ビジネス

RPAとは?導入できる業務やメリットを基礎から解説


働き方改革などの影響で、業務効率化に取り組む企業が増加しています。

「RPA」は、業務プロセスを自動化するツールとして注目されており、導入を検討している方も多いのではないでしょうか。

今回は、RPAとは何か、RPAが活用できる業務、導入のメリット、具体的なツールなどを紹介します。RPAについて聞いたことはあるけれど、詳しく知らないという方は、ぜひ参考にしてみてください。

RPAとは?

RPAの基礎知識

「RPA」とは「Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の略称です。パソコン上で行う作業をロボットに記憶させ、一定のルールに基づいて、業務プロセスを自動化します。

RPAは大きく分けて、インターネットを経由して利用する「サーバー型」と、ソフトウェアをインストールしたパソコン内で利用する「デスクトップ型」の2種類があります。

プログラミングの知識がなくても使用できるRPAツールが多いため、IT部門のサポートが不要で、現場メンバーが主体となって導入できる点も特徴です。

RPAにできること・できないこと

RPAは、「業務プロセスがマニュアル化されている業務」に適しています。例えば、データ入力や転記などの「単純作業」や、メール配信、リスト作成、受注対応をはじめとする「定型業務」など、バックオフィス業務に向いているツールだと言えます。

一方、「判断を伴う業務」には、RPAを活用することができません。RPAはルール通りに作業を行うため、例外が発生すると適切に処理できず、人間の判断が欠かせないからです。また、業務プロセスが複雑な場合は、プロセスごとにタスクを分解して指示を出す必要があります。

RPAが活用できる業務

RPAは主に、バックオフィスの事務作業において、効果を発揮するツールです。特に、「作業がマニュアル化されている」「繰り返し行われる」「複数人のリソースが必要になる」「ケアレスミスが起こりやすい」などの業務があれば、効率化が期待できます。

実際に、どのような業務にRPAを導入したらよいのか、部署ごとの活用例をまとめました。

■マーケティング

・SNSへの投稿
・口コミの収集
・価格調査
・アンケートの集計
・レポート作成 など

■経理

・経費精算
・伝票データの入力
・帳票の作成
・固定資産の管理
・各種データの照合 など

■営業

・顧客データの管理
・メール送信
・テレアポリストの作成
・プレゼン資料の作成
・営業レポートの作成 など

■人事

・勤怠管理
・給与計算
・労務管理
・採用業務
・従業員の評価 など

RPA導入のメリット

生産性の向上

RPAを導入する最大のメリットは、「生産性の向上」が図れる点です。ロボットが人間の代わりに作業するため、業務時間を大幅に減らすことができます。人間はより付加価値の高い業務に集中でき、人材不足の解消にも効果があります。

また、ロボットは24時間稼働できるので、就業時間外にRPAを稼働させることも可能です。RPAを活用してアウトプット量を増やすことで、生産性の向上に繋がります。

コストの削減

企業にとって、経費の削減は大きなテーマでしょう。RPAを活用すれば、人間に変わってロボットが業務を行うため、人件費などのコストを大幅に削減できます。
さらに、RPAは一度プログラミングが完了すると、自動的に同じ作業を繰り返すので、社員教育も不要になります。業務の引き継ぎや、新入社員の育成にかかっていたコストを削減することができるでしょう。

品質の担保

RPAはマニュアル通りに作業を行うため、ミスの予防にも効果的です。人間が行う場合には、どんなに気を付けていても、数字やスペルの転記ミスや、入力漏れなどのケアレスミスが起こることがあります。

RPAはルールに沿って、一定の品質でアウトプットするという特性上、高いレベルの品質を担保することが期待できます。

RPAツール「コボットPlatform」をご紹介


「コボットPlatform」は、ディップ株式会社が開発したRPAプラットフォームです。ロボットを開発する「コボットStudio」、実行する「コボットAgent」、管理する「コボットCenter」から構成されています。

同社の持つ、5000社のRPA運用実績から、「使いやすい操作画面」「導入しやすい価格」「充実のサポート」をコンセプトに開発されました。

RPAの導入・運用でお困りなら【コボットPlatform】

導入支援サービスでは、まずはRPAで自動化できる業務のヒアリングや洗い出しを行い、自動化する業務を選定します。導入から、ロボットの設計や開発、運用、保守までを、トータルサポートしており、トラブルが発生した際には、専門のサポートチームに相談することができます。

他にも、最新の技術情報を共有する「ナレッジベース」や、Eラーニングサイト「コボットキャンパス」にて、レベルに合わせて知識を学び、演習課題に取り組むこともできます。

 

まとめ

単純作業や定型業務が多く、長時間労働や人材不足などの課題がある企業は、RPAツールの導入がおすすめです。社員の仕事や稼働時間を大幅に削減できるため、業務効率化や生産性の向上に役立てることができます。

数多くのRPAツールがあるので、自社に最適な製品が分からないという方は、無料トライアルや導入サポートがあるサービスを活用して、まずは相談してみてはいかがでしょうか。



人気記事ランキング

-ビジネス

Copyright© TOPICS , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.