芸能

エリザベス女王がコロナで逮捕説はデマ?感染の声明はフェイク!現在の体調は?

 

皆さん、こんにちは^^

 

世界中で猛威を奮っているコロナですが、イギリス王室のエリザベス女王もかかっていると噂されています。

 

その影響で、最近では毎年、かかさず誕生日の祝砲を撃たれる行事が2020年度は中止になったりしています。

 

実は、チャールズ皇太子がすでに被害に合っていて、エリザベス女王が知らずに接見していたからなんだそうです!

 

陰謀論まででていて、逮捕説まで噂されていますが本当なのでしょうか!?

 

感染源は、側で食事の支度や身の回りを世話する男性執事だとも言われています。

 

今回は、エリザベス女王がコロナで逮捕説はデマなのかや、感染の声明はフェイクで現在の体調などについてご紹介していきます。

 

エリザベス女王がコロナで逮捕説はデマ?

 

 

エリザベス女王がコロナで逮捕説は、デマなのか調査しました。

 

何より、エリザベス女王は、2020年4月21日で94歳というご高齢です。

 

その為、ウイルスや菌などの免疫力が低下しているので、被害に合ってしまった可能性はありますよね。

 

現在、バッキンガム宮殿には100人以上の従業員がいますから、日々、公務も兼ねて色々な人達と濃厚接触する機会もあるでしょう。

 

コロナの被害は、イギリスが2万人を超えていて、ヨーロッパ諸国は特に被害が多いです。

 

しかし、エリザベス女王がコロナに感染してしばらく公表せずにワザと色々な人達と接見している噂も出ており、周りに無理やり移そうとしているから逮捕説が出ているのかもしれません。

 

ですが、イギリス国家の象徴となる人物がそんな事するのでしょうか。

 

この手の話題はフェイクが多いので、調査してみましたが、案の定、エリザベス女王が逮捕説はデマである事がわかりました。

 

エリザベス女王がコロナ感染の声明はフェイク!

 

 

エリザベス女王がコロナ感染しているという声明は、フェイクだという事が判明しました!

 

と言うのも、感染源となったバッキンガム宮殿の男性スタッフが、いつどこで被害に合っていたのかという原因と場所が判明していないというのがデマが広がった要因があります。

そして、チャールズ皇太子が被害に合っているので、当然、高齢者のエリザベス女王も無症状でかかっているんじゃないかという憶測が広まっているのだと思います。

 

しかも、感染した男性スタッフは毎日、エリザベス女王と接見していたそうですから怖いですよね~^^;

 

その男性スタッフがワザと周りにうつそうとしていたら逮捕ものじゃないでしょうか。

 

コロナ感染の声明はフェイクだという事が判明しましたが、現在、エリザベス女王は別荘で自主的に不特定多数の人と会わないようにしているそうです。

 

エリザベス女王の現在の体調は?

 

 

エリザベス女王の現在の体調は、どんな感じなのか調査しました。

 

例年、6月に開催されている、公式祝賀行事のパレード【トゥルーピング・ザ・カラー】も中止が決定しています。

 

さすがに、エリザベス女王が逮捕されてしまったら、イギリス国のイメージダウンになりかねませんし、声明がフェイクで良かったですよね。

 

現在、エリザベス女王の体調は元気だそうです^^

 

自分から、周りに気を使って自主隔離していると報じられていますので、このままコロナが治まるまで、できるだけ不特定多数の人に会わないようにして元気に過ごして欲しいですね。

 

エリザベス女王がコロナのまとめ

 

 

エリザベス女王がコロナで逮捕説は、感染しているのを知ってワザと不特定多数の人に会っていたからだと噂されていたが、デマだった。

感染の声明はフェイクで、チャールズ皇太子やバッキンガム宮殿の男性スタッフがかかっていたから、エリザベス女王もかかっていると勝手に噂が広まっただけのようです。

 

エリザベス女王がコロナで逮捕説はデマ?感染の声明はフェイク!現在の体調は?

 

についてまとめてみました!いかがでしたでしょうか。

 

最後まで読んでいただきまして、どうもありがとうございました!

 

また、お気軽に当ブログに遊びにきてくださいね^^

00

人気記事ランキング

-芸能

Copyright© TOPICS , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.